調査の企画・実査

HOME | 調査の企画・実査

 
 

調査の企画

Planning

市場調査を実施する前に、しっかりとした計画を立てることが非常に重要です。マーケティングに有効な情報を得ることができるかどうかは、企画にかかっています。当社は、クライアント様の立場になり、最適な調査企画をご提案いたします!


企画の内容

 問題の背景(現状把握)

問題に至った経過を明らかにします。打合せ時にお聴かせいただきます。

 

 市場調査の目的

何を明らかにする必要があるのか、事前に目的をはっきりさせます。市場調査の目的によって、以下の設計が変わってきます。

 

 市場調査の対象

調べたいのは、顧客全体なのか特定のターゲットなのか等を定めます。

 

 市場調査の地域

どの地域・エリアで調査を行うのかを定めます。

 

 標本数

分析に必要十分な標本数を推定します。
グループ分けした時に各グループが分析に耐え得る数に設定することもあります。

 

 標本の抽出方法
    (対象者の選び方)

全数調査でない場合、抽出の方法が重要になってきます。
抽出に偏りがあれば、母集団を正しく表すことはできず、正確な分析や意思決定ができなくなります。

 

 市場調査の方法

最適な調査方法を選びます。
訪問面接調査、留置き調査、郵送調査、商業施設等での来店客調査、電話調査、会場調査、インターネット調査、ヒアリング調査、グループインタビューなど

 

 質問項目の設定

企画の段階では、調査項目を設定します。
調査実施決定後にアンケート票を作成します。
プリテスト(本調査前の小規模な調査)実施や打合せをしながら、質問文や選択肢などを調整していきます。

 

 市場調査の期間

標本数や調査の方法によって異なります。

 

 経費見積り

通常、サンプル数や調査方法の違いによって複数のパターンの企画を立て、それらの中からお選びいただいています。 

 
 

お問い合わせはこちらから
 

実査

Conducting of surveys

調査の企画の中で、選択できる調査手法が絞られてきます。下記の手法を用いています。

実査の方法

 

アンケート調査(定量調査)

訪問面接(留置)調査
顧客満足度調査  詳細はこちら
来店客/来場者調査
医院等 患者満足度調査  詳細はこちら
会場調査
街頭調査
郵送調査
 

 

インターネット調査(定量調査)

クライアント様のモニターや顧客を対象に、インターネット調査を実施します。外部の専門機関のモニターに対して行うこともあります。
 

 

グループ・インタビュー(定性調査)

一グループ5~6人。条件に合った対象者をリクルートし、インタビュールームで実施。仮説設定や問題の背後にある理由の探索などを目的に実施します。
 

 

ヒヤリング調査(定性調査)

事前に用意されたヒヤリング項目に沿って対象者にインタビューします。
 

Webアンケートシステムを用いた調査
(定量調査)

観光地や商業施設などで、対象者にスマホやタブレットからアンケートに回答していただきます。
 

Web会議システムによるインタビュー
(定性調査)

対象者にスマホやタブレット、PC等を使ってもらい、Web会議システムにより少人数のグループ会議やヒヤリングを実施します。
 

交通量/通行量調査、他

ご依頼があれば、交通量調査も行います。その他騒音調査等の実績もございます。お気軽にお問い合わせください。
 

★新型コロナウイルスによる影響

訪問面接調査、来店客調査、グループ・インタビュー等は、ソーシャルディスタンスの確保や「三密」を避けることが難しいため、しばらく実施が困難になると思われます。 代替方法として、インターネットや郵送の活用が考えられます。

実査管理地域 

 
 ※ 郵送調査、インターネット調査は全国対応いたします。
 

対応外国語

英語
韓国語
その他
お問い合わせはこちらから